未経験でも働ける求人を探してるなら【塗装業が最適】

現場の工事監督をしたい

現場工事で働くには

ヘルメットを持つ人

公共事業や民間の建設工事は途切れることなくあり、工事に関係する仕事も数多くあります。
一口に工事と言っても、建物を建てる建築工事や、建物や機器を設置する基礎を作る土木工事、配管工事や電気工事等があり、これらの工事の整理をして監理する人が必要になります。
これらを管理監督する人を施工管理技士といい、大変重要な業務のため求人も多いです。
但し工事が終了すると仕事も完了するため、最近は派遣での雇用が人気です。
施工管理技士を派遣で雇うメリットは、工事が続けてある場合は正社員で雇用した方が人件費は安くすみますが、工事が単発の場合は工事期間だけ派遣でお願いした方が安くなるところです。
施工管理技士は国家資格が必要な業務で、経験があればできる業務でなく、対応できる人は限られており当然給与などの待遇も良くしなければいけません。
その点派遣ならば雇用期間の派遣会社への支払いはそれなりにしますが、期間限定なのが魅力です。
また派遣の場合、人材育成にかける費用が削減できるのも人気です。
先程も述べた通り、施工管理技士の業務は多岐にわたりそれなりの経験が必要です。
工事中の人身事故やトラブルがないよう安全面の管理や、工事が仕様通りに行われているか確認する品質管理、更に工事が工程通り進捗するよう工程管理等を管理監督しなければいけません。
また施工管理のお仕事を探している方は、工事関係やその管理業務に特化した求人サイトを探してみましょう。

有利な求人の見つけ方

作業現場

土木工事や建築工事・電気工事といった工事の種類に関わらず、どの工事現場でも国家資格の施工管理技士が最低1人は必要です。
その担当業務は期日までに工事を終わらせるための工程管理ばかりでなく、品質管理や原価管理・安全管理に至るまで多岐にわたります。
いずれも工事現場での監理業務に加え、施工計画書の作成や原価計算などのデスクワークが多い点も施工管理の特徴です。
各工事現場で施工管理の役割を果たしている人は、ゼネコンなど特定の企業に所属する社員が担当する場合だけでなく、企業に所属しない人が派遣される例も少なくありません。
施工管理技士の資格を持つ人が工事現場で工程管理や原価管理などの業務を受け持つ場合、企業に所属していると勤務地を選べないケースも出てきます。
ゼネコンなどの企業はさまざまな依頼主から工事を受注しているため、施工管理を担当する社員は希望に沿わない工事現場にも通勤しなければなりません。
その点で特定企業に所属しない有資格者が派遣の形で施工管理の仕事を請け負う場合は、自宅に近い工事現場を選ぶこともできる点で有利なのです。
このような施工管理の派遣先求人を探すには、人材派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうという方法が多く利用されています。
人材派遣会社は非公開求人なども多く持っており、派遣登録している人の希望条件に合った仕事を優先的に紹介してくれるのです。
この他にも多くの有資格者に利用されているのは、正社員や契約社員だけでなく派遣の求人情報にも強い求人情報サイトです。
このようなサイトは希望勤務地や職種などの条件で求人情報を絞り込める仕組みが採用されており、スマートフォン1つで仕事が探せる手軽さが人気の秘密です。
有資格者の人材不足を背景として施工管理の仕事は給与面で有利な求人が多く、比較的に年齢の高い人でも仕事が見つけやすい点が他の業種と比べた場合の大きな特徴となっています。

会社選びはきちんと

男の人

施工管理の仕事は求人が多く、派遣の求人も多くあります。
派遣の場合働くに当たってのハードルは低めに設定されています。
施工管理は残業が多いため、残業代似よってかなりの高収入が可能となります。
若手でもいきなり月給30万円近くに達することも可能です。
ただ、派遣として働く場合は、会社選びを慎重に行う必要があります。
施工管理の求人数は多めであり、働く人が会社を選べる状況である以上、よい条件の会社を選んで探さねばなりません。
施工管理は朝から定時までは現場で監督を行い、その後デスクワークを行うことが多いため、かなり忙しく残業が長くなる傾向にあります。
そのため、まずは残業代がきちんと出るかがポイントとなります。
また、公共工事だと、書類が増えるため、さらに忙しくなる傾向にあります。
そのため、公共工事の多さにも注意するとよいでしょう。
施工管理として長く働きたい場合は、資格をとるのがおすすめです。
資格をとることで、派遣であっても時給アップが可能になり、よりよい待遇で働けます。
資格をとるには実務経験が必要なため、すぐには働けませんが、いずれとることを考えるのならば、資格手当がある会社かも重要になるでしょう。
施工管理は男性が圧倒的に多いですが、近年は女性も増えつつあります。
女性が多いところは、労働環境の整備に力を入れており、比較的働きやすくなっていることが多いです。
また、自分と似た年齢層が多く働くところもおすすめです。

建築業界で重宝される資格

作業現場

施工管理とは昔でいえば現場監督のようなものです。施工管理技士という国家資格が必要で、この資格があればほとんどの建築現場の求人募集に採用されます。建築業界で出世を望むなら必須の資格です。電気工事施工、建築施工、土木施工など数種類の資格があり1級と2級にわかれています。実務経験があれば受験できます。

もっと読む

必要とされる仕事です

男の人

建設、建築業で需要、人気が高く高給与が得られる仕事、高年齢になっても、安心して働ける仕事があります。それは施工管理技士です。施工管理技士は国家資格であり、取得は困難ですが、有資格者に絞られた求人も多く、転職やキャリアアップも容易となり、持っていれば必ず活躍できる資格です。

もっと読む

現場の工事監督をしたい

ヘルメットを持つ人

現場の工事を管理監督する施工管理技士は、派遣で雇うのが人気です。人気の理由は、人件費を抑えることができることと、人材育成費用を抑えることができることです。施工管理技士の業務は多岐にわたり育成に時間がかかるのと、できる人が少ないので派遣で見つけるのが早いです。

もっと読む