未経験でも働ける求人を探してるなら【塗装業が最適】

建築業界で重宝される資格

資格取得に実務経験が必要

作業現場

施工管理の求人はかなり頻繁に行われています。
なぜかというと建築現場に必ず1人の施工管理資格を持った人材が必要だからです。
そのため施工管理資格を持っていると、たいていは求人募集に採用されます。
施工管理の仕事は、昔でいえば現場監督のようなものです。
建築現場にいて工程管理や安全管理などを行います。
施工管理の求人に採用されるためには、国家試験を受けて施工管理技士という資格を取得する必要があります。
この資格があれば、どこの建築現場の求人募集にも応募できます。
自由に転職できるので、働き方を自分で決めることができます。
施工管理技士の資格にはいくつかの種類があります。
土木施工や建築施工、管工事施工や電気工事施工、そして造園工事などです。
資格には1級と2級があります。
現場の監理技術者として働くのなら1級の資格を取得しておく必要があります。
2級の資格でも一般の建設業の専任技術者になることができます。
いずれにしろ建築業界で転職する場合は非常に有利になります。
これらの施工監理の資格を取るためには、一定の学歴と実務経験がなければならないのです。
建築業界で働いた経験があるだけではなく、資格にふさわしい経験が必要とされます。
例えば電気工事施工管理技士の資格を取るなら、電気工事に関する実務経験が必要です。
それぞれに主催する団体があるので、その団体のホームページを見ると受験の方法がわかるようになっています。
建築業界の求人に応募するなら、このような資格を取得しておくべきでしょう。

サポート体制にも注目

工事現場

施工管理技士の求人数は景気によって変動しますが、一般には収入が高いかわりに仕事はキツいというイメージがあります。
もちろん会社や現場によっても異なり、もっと高額の報酬が欲しい、バリバリ働きたいという方は少なくありません。
他方、今の仕事はキツすぎるので、収入が減っても残業の少ない職場へ移りたいという方もいます。
豊富な案件が登録された施工管理専門の求人サイトなら、どちらの要望も叶えることができます。
案件数が多ければ多いほど、条件に合った求人を探しやすくなるのは当然です。
ただし求人情報の質にも注意しなければなりません。
地方の小さな現場の施工管理ばかりでは、収入は低めになりますし、不景気で仕事がなくなることもあります。
大規模な施工管理を経験することは、待遇面で恵まれるだけでなく、自分自身のキャリアアップにも繋がります。
大手企業とのパイプがあり、好待遇の求人情報を数多く掲載しているサイトを選ぶのが望ましいと言えます。
単に情報を提供するだけでなく、マンツーマンで転職を支援してくれる求人サイトもあります。
こうしたサイトでは、スタッフが面接に同行してアドバイスしたり、給与交渉を代行したりするサービスを提供しています。
施工管理は専門性の高い職業であり、企業とのマッチングの結果次第で待遇が大きく変わる可能性があります。
より良い条件での転職を目指すなら、サポート体制の整った求人サイトを選ぶのもひとつの方法です。

必要な資質と能力

ヘルメットを持つ人

施工管理の仕事は多岐にわたります。
電気工事、土木工事、管工事などの工事現場において、施工全体の管理を行なうのがメインです。
これからもわかるように、施工管理の求人は、いわゆるまっさらな素人ではなく、ある程度現場で修練を積んだ人を募集しているケースがほとんどです。
現場監督と異なるのは、現場監督も工事を管理する仕事と言えますが、あくまでも現場における陣頭指揮がメインの仕事であり、施工管理は、各業者との打ち合わせや、スタッフの手配などのデスクワークも行ないます。
実際の建設現場においては施工管理が現場監督を兼ねていることも多いです。
求人に応募したいときに気を付けねばならないことは、施工管理には全体を把握できる管理能力と、コミュニケーション能力を求められると言うことです。
また、施工計画の策定はもちろんのこと、原価管理や安全管理、全工程の管理からスタッフ手配に至るまで、全てを把握しておかなければなりません。
また建設現場には電気、配管、左官、塗装など、様々な分野の業者が関わります。
彼らをとりまとめてリーダーシップをとっていくためには、専門の知識はもちろんのこと、円滑にコミュニケーションをすすめていく必要があるのです。
施工管理技士という国家資格がありますが、求人に応募したい場合には、是非とも自身の専門分野において資格を取っておきたいところです。
求人している企業へのアピールにもなりますし、自信にも繋がるはずですので検討してみてください。

建築業界で重宝される資格

作業現場

施工管理とは昔でいえば現場監督のようなものです。施工管理技士という国家資格が必要で、この資格があればほとんどの建築現場の求人募集に採用されます。建築業界で出世を望むなら必須の資格です。電気工事施工、建築施工、土木施工など数種類の資格があり1級と2級にわかれています。実務経験があれば受験できます。

もっと読む

必要とされる仕事です

男の人

建設、建築業で需要、人気が高く高給与が得られる仕事、高年齢になっても、安心して働ける仕事があります。それは施工管理技士です。施工管理技士は国家資格であり、取得は困難ですが、有資格者に絞られた求人も多く、転職やキャリアアップも容易となり、持っていれば必ず活躍できる資格です。

もっと読む

現場の工事監督をしたい

ヘルメットを持つ人

現場の工事を管理監督する施工管理技士は、派遣で雇うのが人気です。人気の理由は、人件費を抑えることができることと、人材育成費用を抑えることができることです。施工管理技士の業務は多岐にわたり育成に時間がかかるのと、できる人が少ないので派遣で見つけるのが早いです。

もっと読む