未経験でも働ける求人を探してるなら【塗装業が最適】

必要とされる仕事です

建設業界で活躍できる資格

男の人

建築業の求人は下っ端から始めてひたすら力仕事に耐えなければならない、というようなイメージがあるかもしれません。
また、年をとってからが心配であるという人も多いでしょう。
建築業の中でも、需要が高く求人の募集の多い仕事、給与がある程度もらえて、年をとっても変わらず行える、人気の仕事があります。
それは、施工管理技士です。
施工管理技士は国家資格で、建築、建設現場での工程や安全面の管理、監督を行うための資格です。
国家資格のため取得は容易ではありませんが、確実に重要視され、就職や転職時に役立てることのできる資格なのです。
有資格者に絞られた求人も多いので、40代、50代となった後でも転職やキャリアアップが容易になります。
作業員の多い建設、建築現場では、統括安全衛生責任者・元方安全衛生管理者が必ず必要となり、労働基準監督署に報告する義務があります。
この統括安全衛生責任者・元方安全衛生管理者となるために、施工管理技士資格が必須というわけではないものの、有資格者でないと十分な管理を行うのは難しくなっています。
施工管理技士には電気、管工事、造園、建設など種類が分かれており、それぞれに一級と二級があります。
一級を取得できるとかなり有利になります。
もちろんまずは二級に挑戦し、ゆっくり勉強していくのも良いでしょう。
二級であっても基本的には参加する工事業務に制限はなく、求人においてやはり人気は高いです。
一級、二級共に実務経験が必要となります。
しかし、実務経験の長さがあれば免除されとれる、という資格ではないので、しっかり勉強する必要があります。

住宅関連の仕事の魅力

握手

一戸建ての新築工事だけではなくて、リフォームの需要も見込めるので、住宅関連の施工管理の求人は将来的にも有望です。
高収入の求人が充実した、施工管理に特化した情報サイトを利用すると、収入アップも容易に実現できるでしょう。
特に首都圏には高収入の仕事が多く、10年以上のキャリアを持つ人が転職する場合には、平均的な年収は600万円前後です。
また施工管理の経験を活かして、収入を大幅に増やしたい人に適しているのは、住宅メーカーやリフォーム業者の営業技術職の求人です。
リフォームプランの提案から施工管理まで、一貫して行える人材であれば、年収800万円以上の条件で働けるでしょう。
2級施工管理技士以上の資格を持っていることが、応募の前提条件ですが、採用後の研修を通じて更にスキルを高めることも可能です。
一方で工夫しながら仕事に積極的に取り組みたい場合には、注文住宅の建築に力を入れている住宅メーカーの求人が最適です。
とりわけ住宅メーカー関連の仕事は、施主と打ち合わせる機会も多く、コミュニケーション能力にも優れていることが重要です。
不動産会社やハウスメーカーなどで、営業職としての実務経験を持つ人であれば、すぐに新しい職場環境に順応できるので安心です。
一方で希望する条件の仕事をすぐに見つけたい場合に便利なのは、建設や住宅業界に特化した派遣会社のサービスです。
転職に向けて準備を進めるプロセスで、コンサルタントが様々な仕事を紹介してくれるので、希望通りの施工管理求人も短期間で見つかるでしょう。

責任能力が問われる

メンズとレディ

施工管理の求人に応募するには、いろいろな条件があります。
通常、経験者が好まれるものです。
しかし、最近は経験者からの応募が少なくなってきていることもあり、未経験者でも採用してくれるところが増えてきています。
まず、いろいろな求人サイトをチェックしてみましょう。
未経験者なら未経験者可能と記載されているところに応募します。
それから、施工管理の求人情報を見つけたら、できるだけ早めに応募しましょう。
多くの職場では先着順で採用されることが多く、特に施工管理の求人採用は1名と少ないからです。
つまり、一番に応募した人が自動的に採用されることもあるわけです。
また、準備するものとしては特にありません。
応募条件だけをしっかりと見て応募するだけです。
注意すべき点としては、福利厚生などの条件です。
また、勤務地もしっかりチェックしておきましょう。
というのも、施工管理の仕事は日々、変わることがあります。
施工完了となれば、今度は別の施工場所に移ることになるからです。
施工期間によっては長期に渡ることもあります。
自宅から通えない現場もあるため、会社の寮に入ったり、一定期間、単身赴任をしたりといったことも考えられます。
特に、家族が居る人は不規則な生活になることも考えた上で応募することをお勧めします。
それから、応募条件はそれほど厳しくなくても、責任能力だけは問われることが多くなっています。
文字どおり、施工を管理する担当者だからです。
この点も頭に入れた上で応募しましょう。

建築業界で重宝される資格

作業現場

施工管理とは昔でいえば現場監督のようなものです。施工管理技士という国家資格が必要で、この資格があればほとんどの建築現場の求人募集に採用されます。建築業界で出世を望むなら必須の資格です。電気工事施工、建築施工、土木施工など数種類の資格があり1級と2級にわかれています。実務経験があれば受験できます。

もっと読む

必要とされる仕事です

男の人

建設、建築業で需要、人気が高く高給与が得られる仕事、高年齢になっても、安心して働ける仕事があります。それは施工管理技士です。施工管理技士は国家資格であり、取得は困難ですが、有資格者に絞られた求人も多く、転職やキャリアアップも容易となり、持っていれば必ず活躍できる資格です。

もっと読む

現場の工事監督をしたい

ヘルメットを持つ人

現場の工事を管理監督する施工管理技士は、派遣で雇うのが人気です。人気の理由は、人件費を抑えることができることと、人材育成費用を抑えることができることです。施工管理技士の業務は多岐にわたり育成に時間がかかるのと、できる人が少ないので派遣で見つけるのが早いです。

もっと読む