未経験でも働ける求人を探してるなら【塗装業が最適】

社員教育が充実

未経験でも働くことが可能

色を塗る人

家屋や建造物の外壁塗装工事から、車の板金塗装まで、塗装に関する求人は人気を集めています。
その理由としては、社員教育がしっかりとしており、初心者からでも働けるという点にあります。
塗装工は未経験者大歓迎という職場が多く、最初は先輩の職人からわからないことを聞きながら作業ができます。
そのため、求人を探す際に未経験業種にチャレンジしてみたい方にも適しています。
建設関係の場合には仕事によって働く場所が変わることも多いです。
しかし、その場合にも現地までの送迎をしてくれたり、出張旅費を会社が負担してくれるため、待遇面の高さも人気の理由の一つです。
塗装の仕事というのはただ色を塗るのではなく、その建築物や塗装の対象となる所をじっくり観察し、どんな塗料が適しているのかを見極めた上で作業を進めていきます。
そのため、やればやるほど楽しくなっていく仕事です。
人手が足りていないという企業が圧倒的に多く、求人に応募した人材についてはやる気があれば技術や仕事のコツを学べます。
なので、正社員の経験がなくて安定した仕事に就きたいと考えている方や、手に職を付けて自分に自信を持ちたいという方は、塗装の求人に応募するのも悪くは無いでしょう。
求人については全国各地の企業から出ており、給与の支払い方法も月給制と日給制から選べますので、好きな給与形態のところを選ぶと良いでしょう。
現場ごとで違った仕事が出来るので、変化のある仕事をしてみたい方にも塗装工の求人はマッチしています。

需要の拡大と安定した仕事

塗装作業

住宅の塗装業務は年々需要が高まっており、求人が増加しています。
これは、住宅のリフォームが定着してきたことが理由に挙げられます。
住宅リフォームは今や急激に普及し、その中でも塗装の分野は大きく占めています。
不動産業界でも中古の物件を取り扱う件数が増えているので、塗装は欠かせない人材となっているのです。
塗装の求人は、経験があれば優遇されますが、経験がなくても働けるところは多いです。
建築関係の仕事の経験があれば活かされる部分もあるでしょうが、全くのかかわりがない人でも指導を丁寧に行ってくれます。
最初は見習いという形で働く場合もありますが、経験を積むほど1人で任される可能性も出てきます。
そのため、未経験で塗装業へ転職する人は少なくありません。
給料面のメリットも求人の魅力ですが、塗装業はこれから安定した仕事量があるのが期待されています。
しかし、需要の拡大から人材が足りない状況となっているので、積極的な求人募集を行っているのです。
塗装の仕事は技術だけでが求められるのではなく、接客能力も必要とされています。
依頼する人には説明業務が欠かせなくなり、見積もり作成や確認をしてもらう作業などは依頼者との対応が求められます。
丁寧な対応はもちろんですが、誠実に取り組む姿も仕事の信頼性へとつながります。
真面目に一生懸命に仕事ができる人が塗装業務向いている傾向があり、地道な作業を最後まで続けられるかがポイントです。
待遇面や将来に期待の大きい仕事にはなりますが、仕事に対する精神的な面も求められてきます。

募集要項を確認する

塗装

塗装関係の仕事に就きたいという人は、まず、求人サイトをいくつかチェックしてみましょう。
塗装というと、特殊な職種のように感じられるものの、一般的な求人サイトでも募集をかけていることはあるのです。
ただし、サイトによって項目は異なります。
土木や建築関係の項目に載っていることが多いので、この辺りから探してみましょう。
続いて、ピックアップした募集要項を見ていきます。
塗装の仕事は圧倒的に経験者が優遇されますが、中には未経験者でも採用してくれる職場はあるものです。
その点をしっかり確認しておきましょう。
また、正社員雇用ではなく、アルバイトからの採用という職場もあります。
経験を積んでいくことで正社員登用となることもあるのです。
このように、求人サイトにはいろいろな応募要項があるので、一つ一つ丁寧に見ていくことをお勧めします。
それから、塗装の求人に限らず、どんな求人にしても応募するには履歴書が必要です。
サイトから応募する場合には紙の履歴書ではなく、サイト上の項目に入力をして送信するといった形が多くなっています。
いずれにしても、職務履歴書としてこれまでの職務履歴を明確にしておくことが大切です。
スラスラと入力できるようにしてまとめておきましょう。
あとは連絡先を間違えないようにすることが大切です。
サイトを通して連絡が来ることもあれば、入力した連絡先に連絡が来ることもあります。
メールアドレスや電話番号は何度も確認してから送信しましょう。

建築業界で重宝される資格

作業現場

施工管理とは昔でいえば現場監督のようなものです。施工管理技士という国家資格が必要で、この資格があればほとんどの建築現場の求人募集に採用されます。建築業界で出世を望むなら必須の資格です。電気工事施工、建築施工、土木施工など数種類の資格があり1級と2級にわかれています。実務経験があれば受験できます。

もっと読む

必要とされる仕事です

男の人

建設、建築業で需要、人気が高く高給与が得られる仕事、高年齢になっても、安心して働ける仕事があります。それは施工管理技士です。施工管理技士は国家資格であり、取得は困難ですが、有資格者に絞られた求人も多く、転職やキャリアアップも容易となり、持っていれば必ず活躍できる資格です。

もっと読む

現場の工事監督をしたい

ヘルメットを持つ人

現場の工事を管理監督する施工管理技士は、派遣で雇うのが人気です。人気の理由は、人件費を抑えることができることと、人材育成費用を抑えることができることです。施工管理技士の業務は多岐にわたり育成に時間がかかるのと、できる人が少ないので派遣で見つけるのが早いです。

もっと読む